本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. 健康・福祉・子育て>
  3. 健康・福祉・子育てのお知らせ

健康・福祉・子育て

健康・福祉・子育てのお知らせ

第67回“社会を明るくする運動”(2017年6月16日掲載)

第67社会を明るくする運動

 ~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~

実施要綱

1.趣  旨

“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~ は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。

2.期  間

毎年7月が強調月間です。

3.行動目標

(1) 犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう
(2) 犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう

4.重点事項

(1) 出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと
(2) 帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと
(3) 薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境を作ること
(4) 犯罪をした高齢者・障害者等が、社会復帰に必要な支援を受けられる環境を
    作ること

5.主  唱

法務省(保護局)

6.主  催

第67回“社会を明るくする運動”下妻市推進委員会

7.組  織

下妻市、下妻市教育委員会、下妻市社会福祉協議会、下妻市民生委員児童委員協議会、下妻市青少年相談員連絡会、下妻市婦人会、青少年を育てる下妻市民の会、下妻人権擁護委員協議会下妻部会、下妻市保護司会、下妻市更生保護女性会
(事務局:福祉課人権推進室)

8.運動方法

推進委員会の構成組織が中心となって、趣旨の普及浸透を図り、率先して啓発事業の推進にあたる。
(1) 広報紙に掲載し宣伝する
(2) 街頭キャンペーンを行う(リーフレット配布等)  7月4日(火)
(3) 作文コンテストを実施する
(4) ミニ集会、ビデオ上映会を実施する
(5) 学校、団体、事業所等に協力を呼びかける
(6) 青少年センターの特別パトロール
(7) 有害環境浄化運動の推進
(8) 薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」普及運動の推進
(9) その他、運動趣旨徹底に必要な事業


                                                                                   
                                    

                            

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉課 人権推進室です。

第2庁舎 1階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代)