本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. 健康・福祉・子育て>
  3. 健康・福祉・子育てのお知らせ

健康・福祉・子育て

健康・福祉・子育てのお知らせ

高額介護サービス費の利用者負担上限額が変わります(2017年7月21日掲載)

高額介護サービス費の利用者負担上限が見直されます

日々の介護サービス費には負担額の上限が設定されており、
上限を超える方にはお知らせし、申請により超えた分の払い戻しをしています。


平成29年8月から、世帯のどなたかが市民税を課税されている方の負担の上限が、
37,200円(月額)から44,400円(月額)に引き上げられます。
今回の改正は、医療保険とのバランスをとり、社会保障費の増加を抑え、
介護保険制度を持続・充実させるための改正です。


なお、介護サービスを長期に利用している方に配慮し、同じ世帯のすべての
65歳以上(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、
年間446,400円(37,200円×12ヵ月)の上限が設けられ、年間を通しての
負担額が増えないようにされます。(3年間の時限措置)
ご理解とご協力をお願いいたします。


◇平成29年8月からの利用者負担の上限(月額)

対象となる方 平成29年7月までの負担の上限(月額) 平成29年8月からの負担の上限(月額)
現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方 44,400円(世帯) 44,400円(世帯)
世帯のどなたかが市民税を課税されている方 37,200円(世帯) 44,400円(世帯)
 ≪見直し≫
世帯全員が市民税を課税されていない方 24,600円(世帯) 24,600円(世帯)
かつ、前年の合計所得金額と公的年金収入額の合計が年間80万円以下の方等 24,600円(世帯)
15,000円(個人)
24,600円(世帯)
15,000円(個人)
生活保護を受給している方等 15,000円(個人) 15,000円(個人)
※(世帯)とは、住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した方全員の負担の合計の上限額を指し、
 (個人)とは、介護サービスを利用したご本人の負担の上限額を指します。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護保険課 介護管理係です。

第2庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代)