本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. 健康・福祉・子育て>
  3. 健康・福祉・子育てのお知らせ

健康・福祉・子育て

健康・福祉・子育てのお知らせ

下妻市初ふるさと納税クラウドファンディングを実施します!『子どもの弱視治療の機会を逃さない。スポットビジョンスクリーナーで早期発見へ』(2019年11月7日掲載)

プロジェクト

『子どもの弱視治療の機会を逃さない。スポットビジョンスクリーナーで早期発見へ』

【目標寄付額】1,250,000円

【受付期間】2019年11月8日(金) ~ 2019年12月23日(月)

 

お申し込みはこちらから【11月8日(金)から掲載】

https://www.satofull.jp/projects/business_detail.php?crowdfunding_id=42

※返礼品は本市以外にお住まいの方のみへのお届けとなります。本市にお住まいの方は、寄附をしても返礼品をお受け取りいただけませんので、あらかじめご了承ください。 

さとふるクラウドファンディングトップページ

https://www.satofull.jp/projects/top.php

  下妻市では、ふるさと納税の仕組みを活用して、寄附金の使途に応じて事業を立ち上げ寄附を募る『ふるさと納税クラウドファンディング』を11月8日(金)からふるさと納税ポータルサイト「さとふる」にて開始します。
 今回の使途は、子どもの弱視を早期発見するため、検査機器『スポットビジョンスクリーナー』を健診に導入する目的で実施するものです。
 下妻市では3歳児健診において、既存の視力検査の方法に加え、スポットビジョンスクリーナーによる検査を導入することで、より精度の高い検査を実施し、子どもの弱視の早期発見を図り、早期治療へ繋げたいと考えています。
 子どもの目の異常に対する早期発見・早期治療の重要性の認識は高まっており、3歳児健診において異常を発見し、小学校入学前までに治療を開始することが重要といわれています。これは、子どもの弱視は早期の治療により改善できる可能性が高いためです。

 

【用語解説】

『スポットビジョンスクリーナー』とは、子どもの弱視の危険因子となる斜視や屈折異常(遠視・近視・乱視等)を選別することができる携帯型の検査機器です。特徴としては簡単で使いやすい操作性や短時間で精密検査が必要かを判別でき、小さな子どもでも負担が少なく検査ができることなどが挙げられます。

スポットビジョンスクリーナー

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画課です。

本庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-43-4214