本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

くらし・手続き

公的個人認証サービスによる電子証明書

お知らせ

※平成28年1月からマイナンバー制度に基づくマイナンバーカード(個人番号カード)の交付が開始したことに伴い、住民基本台帳カード(以下、住基カード)に格納する公的個人認証サービス用電子証明書の交付は平成27年12月22日をもちまして終了しました。なお、平成27年12月22日以前に交付された住基カード用電子証明書は有効期間満了までは引き続きご利用いただけます。

公的個人認証サービスとは

公的個人認証サービスとは、オンラインで(=インターネットを通じて)申請や届出といった行政手続などやインターネットサイトにログインを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。 「電子証明書」と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないマイナンバーカード等のICカードに記録することで利用が可能となります。

電子証明書について

電子証明書には、住基カード用の都道府県署名用電子証明書と、マイナンバーカード用の署名用電子証明書及び利用者証明用電子証明書の3種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

電子証明書の種類   住基カード マイナンバーカード  
都道府県署名用電子証明書 署名用電子証明書 利用者証明用電子証明書
概要 インターネット等で電子文書を作成・送信する際に使用します。「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真正なものであり、利用者本人が送信したものであること」を証明することができます。 インターネット等で電子文書を作成送信する際に使用します。「作成した電子文書が、利用者が作成した真正なものであり、利用者本人が送信したものであること」を証明することができます。

※15歳未満の方、成年被後見人の方は原則発行不可(実印に相当するため)。
インターネットサイトやコンビニの端末等にログインする時に使用します。「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。

※15歳未満の方、成年被後見人の方は、原則法定代理人の方からの申請により発行可能。
主な用途 住基カードでの電子申請(e-Tax等)など 電子申請(e-Tax等)など  行政のサイト(マイナポータル等)へのログインやコンビニ交付サービス利用(下妻市は未導入)など
有効期間 発行日から3年間
〔住所・氏名・生年月日・性別に変更が生じると自動的に失効します〕

※外国籍で在留期間の満了日がある方は、(1)発行日から3年間(2)在留期間の満了日のいずれか早い日まで。
(1)発行日から5回目の誕生日(2)利用者証明用電子証明書の有効期間の満了日(3)マイナンバーカードの有効期間の満了日のいずれか早い日
〔住所・氏名・生年月日・性別に変更が生じると自動的に失効します〕

※外国籍で在留期間の満了日のある方は、(1)発行日から5回目の誕生日(2)利用者証明用電子証明書の有効期間の満了日(3)マイナンバーカードの有効期間の満了日のいずれか早い日
(1)発行日から5回目の誕生日(2)マインンバーカードの有効期間の満了日のいずれか早い日

※外国籍で在留期間の満了日のある方は、(1)発行日から5回目の誕生日(2)マイナンバーカードの有効期間の満了日のいずれか早い日
更新 平成27年12月22日をもって発行を終了しております。マイナンバーカードを取得し、ご利用ください。  電子証明書の有効期間の満了日の3ヶ月前から更新できます。 
暗証番号 4桁~16桁の英数字 6桁~16桁の英数字(混在) 4桁の数字



公的個人認証サービスを利用するには

1.公的個人認証サービスを利用するためには、電子証明書を格納するマイナンバーカードが必要となります(マイナンバーカードの取得方法については「マイナンバーカード(個人番号カード)の交付申請」のページをご覧ください。)。

2.ご自宅のパソコンへの利用者クライアントソフトのインストールが必要となります。最新バージョンの利用者クライアントソフトは公的個人認証サービスポータルサイト(地方公共団体情報システム機構)からダウンロードしてください。

3.e-Tax等の電子申請を行う場合、ご自宅のパソコンでマイナンバーカードの読み取りを行うためのICカードリーダライタが必要になります。公的個人認証サービスポータルサイト内の一覧表からご確認ください。

電子証明書を取得するには

マイナンバーカードを申請していただくと、標準搭載されています。
マイナンバーカード申請時に格納を希望されなかった方などが電子証明書の発行を希望される場合は、原則ご本人様の申請により発行することができます。
ご本人が15歳未満の方及び成年被後見人の方の場合は、利用者証明用電子証明書は法定代理人が本人に代わって申請することができます。ただし、署名用電子証明書は発行できません。

申請場所・受付日時
【場所】下妻市役所本庁舎市民課および千代川庁舎くらしの窓口課
【日時】月~金曜日(土・日曜日、祝日、年末年始除く)9:00~17:00
必要なもの
・マイナンバーカードマイナンバーカードの住民基本台帳用の4桁の暗証番号の入力が必要です)

※本人が15歳未満の方及び成年被後見人で法定代理人が本人に代わって利用者証明用電子証明書を申請する場合は、本人のマイナンバーカードのほかに以下の書類も必要です。
・代理権を証する書類(戸籍謄本、成年後見登記簿謄本など)
・代理人の本人確認書類1点(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住基カード等官公署発行の顔写真付き書類)
手数料

初回無料(マイナンバーカードを再交付するなどして、電子証明の再発行をする場合は200円)

電子証明書の失効について

電子証明書は次の場合に失効し、再び有効になることはありません。

●利用者が自分の意思で利用をやめるとき(失効申請が必要です)
●氏名・住所(方書)・生年月日・性別に変更があったとき(署名用電子証明書のみ)→必要な方は新たに発行申請をしてください。
●死亡等により住民票が消除されたとき
●個人番号カードが有効期限経過等により廃止になったとき
●その他(二重発行・誤発行が判明したときなど)

電子証明書のその他の手続き

失効申請

利用を取り消す場合は、当該住民基本台帳カード又はマイナンバーカードを持参のうえ、利用者本人が市民課へお越しください。この際、申請時と同様の本人確認書類が必要です。本人が15歳未満の方及び成年被後見人の場合は、法定代理人が申請してください。

暗証番号を変更するとき

暗証番号を忘れたり、カードがロックしてしまったときは、当該カードを持参のうえ、利用者本人が市民課へお越しください。この際、申請時と同様の本人確認書類が必要です。本人が15歳未満の方及び成年被後見人の場合は、法定代理人が申請してください。
暗証番号の変更は、ご自宅のパソコンからも行えます。

関連サイト

公的個人認証サービスポータルサイト(地方公共団体情報システム機構)
マイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課です。

本庁舎 1階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-43-4214

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?