本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

くらし・手続き

療養の給付

 医療機関などの窓口で国民健康保険証を提示すれば、医療費の一部(負担割合)を支払うだけで診療を受けられます。

区分 負担割合
小学校入学前の子ども 2割
小学校入学後から70歳未満の方(退職被保険者含む) 3割
70歳以上75歳未満の方 現役並み所得者 3割
一般(昭和19年4月2日以降生まれの現役並み所得者以外の方) 2割
一般(昭和19年4月1日以前生まれの現役並み所得者以外の方) 1割

※災害等の特別な理由で医療費の支払いが困難な場合は、申請により、一部負担金の減免・徴収猶予が認められる場合がありますので、ご相談ください。

70歳以上75歳未満の方の所得区分(現役並み所得者・一般)について

 同一世帯内に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国民健康保険の被保険者がいる場合は、「現役並み所得者(負担割合が3割)」になります。現役並み所得者がいない世帯の被保険者は、「一般(負担割合が2割または1割)」になります。
 ただし、次に該当する場合は、住民税課税所得が145万円以上であっても、届出により、「一般」になります。

同一世帯内の70歳以上75歳未満の国民健康保険の被保険者の人数 前年中の収入
1人 383万円未満
後期高齢者医療制度に移行する旧国民健康保険被保険者の収入との合計が520万円未満
2人以上 収入の合計が520万円未満

 なお、平成27年1月からは、同一世帯の70歳以上75歳未満の被保険者の基準総所得額(前年の総所得額等-基礎控除33万円)の合計額が210万円以下である場合は、「一般」になります。これは、平成27年1月以降に70歳になる被保険者(昭和20年1月2日以降生まれの方)と同一世帯の被保険者に適用されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

本庁舎 1階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-43-4214

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?