本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

くらし・手続き

退職者医療制度

 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられ、その加入期間の合計が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人(及びその被扶養者)は、65歳になった月の月末(1日生まれの人は、65歳になる前日)まで「退職者医療制度」で医療を受けることになります。
 なお、「退職者医療制度」は、平成26年度末で新規加入が廃止されます。

○国民健康保険における「退職者医療制度」の対象となった場合でも、国民健康保険税の税額やお医者さんにかかる際の自己負担割合は変わりませんが、保険者(下妻市)から医療機関に支払われる医療費は、国民健康保険税と被用者保険(社会保険、共済組合等)からの拠出金が財源となります。

※平成26年度末までに「退職者医療制度」の対象となった退職被保険者とその被扶養者は、退職被保険者が65歳になるまでは、引き続き「退職者医療制度」で医療を受けることになります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

本庁舎 1階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-43-4214

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?