本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

妊産婦マル福

対象となる方は?

健康保険に加入している母子健康手帳の交付を受けた妊産婦が対象です。母子健康手帳が交付された月の初日から出産日(流産を含む)の翌月末まで受給できます。ただし、本人もしくは配偶者または扶養義務者に一定の所得がある方は受給することができません(詳細については「医療福祉費支給制度の所得制限と判定対象年度」を参照してください)。


マル福を受給するための手続きは?

マル福を受給するには、「医療福祉費受給者証(マル福受給者証)」の交付申請が必要です。
次のものをご用意のうえ、本庁舎保険年金課または千代川庁舎くらしの窓口課で申請してください。

  • 妊産婦本人の保険証
  • 母子健康手帳
  • 印鑑(ゴム印以外)
  • 金融機関の通帳(妊産婦本人または配偶者名義)

☆ 転入などにより下妻市で所得が確認できない場合は、所得判定対象年度の1月1日現在の住所地で発行された「総所得・扶養人数・所得控除が記載されている証明書」(課税証明書、所得証明書など)が必要になります(源泉徴収票は不可)。

助成の対象となる医療費は?

産婦人科における保険診療分のみ、助成対象となります。ただし、妊娠に合併した疾患で、他科の検査・診断・治療を要する際は、原則として産婦人科から紹介する場合のみ助成対象となります。
保険適用外の費用(妊産婦健診、通常の分娩に要した費用、健康診断、予防接種、薬の容器代、文書料、入院時の差額ベッド代など)は助成対象となりません。

※ 妊産婦の入院時食事代は、茨城県のマル福制度では対象としていませんが、下妻市は独自事業として対象としています。

マル福の使い方は?

茨城県内の医療機関で診療を受ける場合

病院や薬局の窓口に「保険証」と「マル福受給者証」を提示し、以下の自己負担金をお支払いください(自己負担金は、後述の下妻市独自事業により返金されます)。

外来 1日600円
(医療機関ごと月2回まで。同じ診療月に3回目以降の外来自己負担金はありません)
入院  1日300円
(医療機関ごと月3,000円まで。同じ診療月に11日目以降の入院自己負担金はありません)
入院食事代  標準負担額 1食460円
(非課税世帯の方は保険者に申請することにより、標準負担額が減額されます)
調剤(薬局)  自己負担はありません

 

茨城県外の医療機関で診療を受ける場合

マル福制度は茨城県の制度のため、県外の医療機関窓口で提示しても使えません。保険証のみを提示して受診し、医療機関から請求された額をお支払いください。
診療月の翌月以降償還払いの申請をすることにより、助成対象額が返金されます。


下妻市では妊産婦の医療費の無料化を独自に行っています

茨城県の制度では、マル福受給者証を提示しても上記の表の自己負担金が発生しますが、下妻市では、妊産婦について、医療費の無料化を独自に行っています。
このため、医療機関窓口で支払った自己負担金は3か月後を目安に、指定口座に振り込まれます。ただし、償還払いの申請が必要な場合があります。


償還払い申請のご案内

次の場合は、診療月の翌月以降に償還払い(払い戻し)の申請をしてください。

○ 県外の医療機関を受診(外来・入院・調剤)した場合
○ 県内の医療機関を受診し、次に該当する場合
 (1) (医療機関ごと)診療が月に1回だけで600円未満のとき
 (2) (医療機関ごと)診療が月に1回目600円未満、2回目も600円未満で3回目がないとき
○ 入院時食事代が発生した場合(県内の医療機関に入院した場合は、診療月の3か月後を目安に、市からご案内します。通知が届いたらご来庁ください。)

 【必要書類】
 ・医療機関の領収書(受診した方のお名前と保険点数が記載されているもの)
 ・診療明細書及び調剤明細書
 ・保険証 ・マル福受給者証 ・印鑑(ゴム印以外) ・金融機関の通帳(妊産婦本人または配偶者名義)
 ・加入する健康保険組合などから「高額療養費」や「付加給付金」の支給を受けた場合は支給決定通知 

☆ 償還払いの申請は、本庁舎保険年金課で受け付けます。千代川庁舎くらしの窓口課ではできません。
☆ 茨城県内の医療機関を受診した際にマル福受給者証を提示し忘れた場合も、診療月の翌月以降に同様の手続きしていただくことで、助成対象額が返金されます。ただし、診療した同月内であれば、医療機関にマル福受給者証を追って提示することで精算できる場合がありますので、受診した医療機関にお問い合わせください。

こんなときは手続きが必要です

理由 手続き 必要書類等
保険証が変わったとき 変更届が必要です。
新しい受給者証に差し替えます。
※ マル福受給者証には、保険証の記号番号と保険者番号が記載されており、保険証と一致していないと使えません。
・保険証
・マル福受給者証
・印鑑(ゴム印以外)
住所や氏名などが変わったとき 変更届が必要です。
新しい受給者証に差し替えます。
・マル福受給者証
・印鑑(ゴム印以外)
受給者証を紛失したとき 再交付申請が必要です。 ・保険証
・印鑑(ゴム印以外)
※ 代理の方が手続きにいらっしゃる場合は、上記に加え、窓口にいらっしゃる方の運転免許証等もお持ちください。
振込先口座を変更したいとき 変更届が必要です。 ・新しい口座の通帳
・マル福受給者証
・印鑑(ゴム印以外)
下妻市から転出するとき マル福受給者証を返却してください。 ・マル福受給者証
・印鑑(ゴム印以外)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

本庁舎 1階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-43-4214

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?