本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 水道・下水道>
  4. 下水道>
  5. 公共下水道事業の概要

くらし・手続き

公共下水道事業の概要

下妻市の下水道は、「鬼怒小貝流域下水道」、「小貝川東部流域下水道」の2つの流域下水道事業で構成され、市内全域を下水道が利用できるように計画されております。平成4年度に事業認可を受け、現在は認可区域を拡張し、処理区域面積562.1haの整備に努めています。本市は平成11年7月に一部供用開始され、平成26年度末の整備面積は476.5ha、認可区域内の整備率は84.8%であり、公共下水道に接続している状況を示す水洗化率は66.8%となっています。

特に汚水事業は、上位計画である鬼怒小貝流域下水道との整合性を図り、県の流域下水道処理場(きぬアクアステーション) に近接している立地条件にあることから流域下水道並びに公共下水道事業の計画的な促進を目指して事業費の確保を図っています。 今後も下水道の普及整備を促進し、事業の投資効果が期待できるように鋭意努力して行きます。

一方、公共下水道雨水事業につきましては、平成6年度に千代川地区の中央部に位置する旧江連用水路を江連雨水幹線として整備をするため、事業認可を受けて工事に着手し、平成15年度末に事業完了しました。 この水路の整備にあたっては、昭和62年度に関係4市町村の合意形成により、江連都市下水路整備促進協議会が結成され、事業費を負担しあい、水路周辺地域の浸水被害の解消と生活環境の改善を目指して、整備を推進しています。

下妻地区の公共下水道マンホール蓋

下妻地区の下水道マンホールの蓋のデザインは、「桜」・「砂沼」・「筑波山」をあしらっています。

下妻地区の公共下水道マンホール蓋

千代川地区の公共下水道マンホール蓋

千代川地区の下水道マンホールの蓋のデザインは、旧千代川村民憲章である「さくら」・「けやき」・「ひばり」をあしらっています。

千代川地区の公共下水道マンホール蓋

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上下水道課(下水道事業)です。

砂沼浄水場 〒304-0056 下妻市長塚乙89-1

電話番号:0296-44-5311 ファックス番号:0296-44-5312

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?