本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

くらし・手続き

自然観察ゾーン

自然観察ゾーン01小貝川の豊かな自然林をそのまま残し、そこに生息する国蝶オオムラサキやその他の生物を保護しています。自然観察ゾーンには約800mの自然観察路が整備されており、クヌギ・エノキ・ハンノキからなる昔ながらの貴重な自然林の中を散策することができます。なお、オオムラサキの卵や樹林を守るため、観察路以外は立ち入り禁止になっています。この樹林地帯は「オオムラサキと森の文化の会」によって管理されています。また成虫観察会をおこなっています。


〇平成30年度オオムラサキ成虫観察会

  日時:平成30年6月24日(日)10~12時 実施されました
  場所:小貝川ふれあい公園上流コアゾーン
  主催:オオムラサキと森の文化の会
  参加無料(市外、県外からの参加も大歓迎)

※観察会当日の様子
H30.6.24オオムラサキ観察会‗看板前

H30.6.24_オオムラサキ観察会‗観察小屋 H30.6.24オオムラサキ観察会‗自然散策路


国蝶オオムラサキ

タテハチョウ科オオムラサキの画像

タテハチョウ科オオムラサキ

1957年(昭和32年)に国蝶として選定された、羽の内側半分が紫色の美しい蝶です。中国・朝鮮・台湾などに分布し、かつては日本各地で見ることができました。しかし現在では生息環境の悪化により、ほとんど見ることができなくなっています。
8月初旬~中旬にふ化、エノキの葉などを食べて成長します。冬を越し、翌年の6月下旬~7月上旬にはサナギから蝶に羽化します。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市整備課です。

第2庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代)

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?