本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

タバコの害

【たばこによる健康被害】

たばこの煙と有害物質

たばこの煙には、4,000種以上の化学物質が含まれ、そのうち、 発がん性が確認されているものだけでも、200種を超えます。

主流煙と副流煙

有害物質は、主流煙(喫煙者が吸う煙)より副流煙(まわりの人が吸う煙)の方が何倍も多いのです。そのため、たばこを吸う人のがんになる割合は、吸わない事を基準とした場合、喉頭がんの32.5倍をはじめ、全身のがんになる割合が高いことが確認されています。

たばこの煙に含まれる主な成分
タール 約40種類以上の発がん物質が含まれており、肺がんをはじめ多くのがんを引き起こす。
ニコチン 依存性があるほか、血管収縮作用や胃酸の分泌促進作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こす。
一酸化炭素 血管内皮を傷つけ動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす。酸素の運搬を妨害し、持久力や作業能率が低下する。

美容にも子どもにも悪いたばこ

女性がたばこを吸うと、女性特有のがんや骨粗しょう症の危険性、不妊や肌荒れなどの他に流早産の原因や、母乳を通して、赤ちゃんの発育障害や呼吸障害を起こす原因になります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

〒304-0064 下妻市本城町3-36-1

電話番号:0296-43-1990 ファックス番号:0296-44-9744

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?