本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

運動と健康

運動ってどうして必要なの?

運動のメリットは、

  • 血液の流れがよくなり、からだ全体の組織をリフレッシュします。
  • 適度な運動は、高血圧や心臓病、糖尿病などの生活習慣病の予防や肥満解消に効果があります。
  • 骨を丈夫にします。
  • 気持ちをリフレッシュします。
  • 正しく運動することで、肩こり、腰痛を和らげる効果もあります。

運動したほうがいいことはわかっている、でも…

忙しい、長続きしない、そのような人が多いのではないでしょうか。楽しくなければ続かない、手軽でなければ続かない、そのとおりです。

さて、あなたができることは何でしょうか?

あまり運動をやり慣れていない人は、手軽にできるウォーキングからはじめるといいでしょう。

効果アップするウォーキングのポイント

効果的な有酸素運動の強度は、「ややきつい」と感じる手前くらいで、おしゃべりしながらできるくらいのペース。生活活動としての「歩行」を、運動としての「ウォーキング」にするためには、いくつかポイントがあります。

  • 上半身、足、股関節のストレッチをしてウォーミングアップをする。
  • 膝を伸ばしてかかとから着地する。
  • 歩幅は徐々に広くなるようにする。
  • 前に出した足のかかとが着地して体重移動がはじまったら、足の裏で地面をつかむようなイメージで、重心をかかとからつま先へ移動する。
  • 視線は周りの景色が見えるように少し遠くに。
  • あごを引き、胸を張り、背筋を伸ばす。
  • 肩の力を抜いて、リラックスして腕を振る。
ウォーキングコースの紹介

【茨城県ヘルスロード指定コース】

砂沼広域公園遊歩道(周回型・公園) 6キロ 【PDFファイル 247KB】
旧江連用水雨水幹線(往復型・市街地) 1.2キロ 【PDFファイル 178KB】
小貝川ふれあい公園(周回型・公園) 6.7キロ 【PDFファイル 225KB】

時間がなくてもできる運動(忙しい方にもできる運動)

健康のための運動なら、わざわざ時間をさかなくても日常生活の中で十分可能です。

  • 意識して階段を使う。
  • マイカー通勤の人は電車やバス通勤に切りかえる。
  • 出かけるとき、近距離なら乗り物や自転車より歩く。
  • 歩くときにちょっと早足にする。
  • 立ち仕事の時、短時間爪先立ちをしたり、ひざを曲げた姿勢を保持してみる。
  • 電車に乗っても座らずに立つ。
  • 仕事や、家事はテキパキとする。
  • テレビ体操・ラジオ体操や三時の体操等をする。
  • 毎日散歩を楽しむ。

これらに加えて起きた時、就寝前などに軽いストレッチ運動などを取り入れれば、普段使われていない筋肉がほぐされていいですよ。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

〒304-0064 下妻市本城町3-36-1

電話番号:0296-43-1990 ファックス番号:0296-44-9744

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?