本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

ノロウイルス

ノロウイルスとは11月から3月にかけて発生する食中毒の主な病原物質です。ノロウイルスの食中毒を防ぐには食べる時によく加熱する事が大切です。

ノロウイルスによる食中毒の原因食品

生ガキなどの貝類や、その他生もの、また加熱が不十分な加工食品です。

ノロウイルスによる食中毒症状

○吐き気・嘔吐
○発熱
○腹痛
○頭痛
○下痢

ノロウイルス予防 4カ条

第1条 食品対策

生ものを食べるのは避け、85度で1分以上加熱調理しましょう。
カキは「生食用」と「過熱調理用」の表示を見て食べましょう。

第2条 手洗い

ウイルスを洗い流すため、調理の前後、トイレやオムツ交換、ペットを触った後などは必ず石けんで手をあらいましょう。
(つめ、指先、手のこう、親指、手のしあ、指の間は洗い残しが多い部分です)

第3条 衛生管理

調理器具(まな板、布巾・食器類)の使用後は時々次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)に浸して殺菌しましょう。

第4条 汚物処理

患者の嘔吐物、ふん便を処理する時はマスクをし、プラスチックの手袋をして直接触らないようにしましょう。    
残った便や嘔吐物の上にペーパータオルをかぶせ、その上から50倍から100倍に薄めた市販の塩素系漂白剤を十分浸るように注ぎ、汚染場所を広げないようにペーパータオルでよく拭きましょう。
ウイルスは乾燥すると空気中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、便や嘔吐物を乾燥させないことが重要です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

〒304-0064 下妻市本城町3-36-1

電話番号:0296-43-1990 ファックス番号:0296-44-9744

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?