本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

結核

長引く咳は要注意!!結核

猛威をふるっていた1950年代。その頃に比べれば感染者数は減りましたが、それでも年間約2万人がかかるといわれています。結核は「結核菌」という細菌が肺の中に入ることによって起こる病気です。
結核菌は感染している人の、くしゃみ、咳の飛び散るしぶきと一緒に放出され浮遊しています、この菌を吸い込む事で感染します。

こんな症状に注意

初期の症状は「カゼ」や「肺炎」にも共通するものですが、長引くようなら病院を受診しましょう。

  • 咳や痰が続く
  • 微熱が続く
  • 体がだるくなる
  • 胸に痛みがある
  • 体重が減る

早期発見のポイント

  • 年に1回は定期健診で胸部レントゲンをうけましょう(市、職場、学校などで行っています)
  • 高齢者の場合は体重減少に注意しましょう。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

〒304-0064 下妻市本城町3-36-1

電話番号:0296-43-1990 ファックス番号:0296-44-9744

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?