本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

思わぬ事故

すり傷・切り傷

  1. 傷口を流水できれいに洗って(ゴミや砂を取り除く)から消毒する。
  2. 傷口が大きいときには、ガーゼを患部に当て出血があれば止血する。
  3. 包帯で巻くか、絆創膏で留める。時々ガーゼを替えて消毒する。

※錆びた釘や包丁、カミソリ、木の枝などで切り、細菌感染が心配なときや、出血が止まらないときには医療機関を受診しましょう。

指を挟む

  1. 患部をすぐ冷やし、曲げたり動かしたりできるか見る。
  2. 動かない、腫れがひどい、いつまでも痛がるときは、骨折の疑いも。動かさないように冷やしながら病院へ。

鼻血

  1. 鼻を親指と人差し指でしっかりつまむ。(小鼻のあたり)
  2. あれば冷たいタオルを鼻の上にのせる。
  3. 出血が止まるまで静かに座っている。

【やってはいけないこと】 ×首の後ろを叩く ×鼻に詰めものをする ×顔を上にそらす

ハチに刺された

  1. 針が残っているときは抜いてから、坑ヒスタミン系ステロイド剤を塗る。
  2. 腫れているときは、濡らした布で湿布する。

※何度も刺されると、アレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こす場合があり、最悪の場合死ぬこともある。
この場合、吐き気、血圧降下、呼吸困難、意識消失などの全身症状が起こるので、これらの症状が出た場合、急いで医療機関に連れて行くこと!

119 救急車を呼ぶときは

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

〒304-0064 下妻市本城町3-36-1

電話番号:0296-43-1990 ファックス番号:0296-44-9744

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?