本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

妊婦健康診査

妊婦さんの健康を守り、元気な赤ちゃんを出産していただくために、妊婦健康診査にかかる費用を助成しています。少なくとも毎月一回(妊娠24週以降には2回以上、妊娠36週以降には毎週1回)、医療機関などで健康診査を受けましょう。 
妊娠中に14回、妊婦健康診査を受けることができます。
(使用する受診票により、公費負担の上限額が変わります。上限を超えた額は自己負担となります)

対象

妊婦健康診査受診日に下妻市に住所を有する妊婦

受診票の交付方法

母子健康手帳交付時に、妊婦・乳児健康診査受診票綴り(別冊)を一緒にお渡ししています。その中に「妊婦一般健康診査受診票」(14枚)が綴じてあります。双胎等多胎の場合も同じです。
下妻市に転入された方は、前住所地の受診票をもって保健センターの窓口へお越しください。

交付場所

下妻市保健センター

受診方法

茨城県内の医療機関または助産所の窓口に受診票を提出し、受診してください。
≪注意≫
県外で受診を予定している方や里帰り出産をされる方は、保健センターへ事前にお問い合わせください。

 

償還払いについて 

下妻市と契約していない県外の医療機関及び助産院では、「妊婦一般健康診査受診票」を医療機関等の会計窓口で利用することができません。妊婦一般健康診査にかかった費用は、一旦、費用の全額を会計窓口でお支払いいただき、後日、保健センターで償還払いの申請をしていただくことにより、公費負担の費用をご指定の口座に振り込みさせていただきます。

償還払いの流れ

1.下妻市と契約していない県外の医療機関及び助産院での妊婦一般健康診査の受診と費用のお支払い
2.保健センターに償還払いの申請手続き(申請に必要な書類等の確認・提出)
3.申請書受理後、償還金を指定の口座に振り込み(約1か月程度)

申請に必要な書類等

1.妊婦一般健康診査受診票
2.受診日と受診結果の記載された母子手帳
3.医療機関発行の領収書(健康診査受診日ごとの日付が記載された領収書)及び診療報酬明細書
  *領収書を紛失された場合は、償還払いを受けることができませんので、大切に保管してください。
4.印鑑
5.振込口座が分かるもの(通帳・カード等)
6.妊婦健康診査負担金助成申請書(下記よりダウンロード可)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

〒304-0064 下妻市本城町3-36-1

電話番号:0296-43-1990 ファックス番号:0296-44-9744

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?