本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

教育・文化・スポーツ

法光寺の板碑

法光寺の板碑01  法光寺の板碑02

鎌倉時代の板碑2基が法光寺に残されています。嘉元2年(1304)のものは「南無阿弥陀仏」と記された名号板碑で、正中3年(1326)のものは阿弥陀三尊が種子として刻まれています。明治40年7月に寺前の畑中より発掘されたことが宗道小学校所蔵の「郷土史」に記されています。2基とも武蔵型板碑で、石材は秩父地方産出の緑泥片岩が使用されています。

法光寺の板碑の地図

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

千代川庁舎 2階 〒304-8555 下妻市鬼怒230

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-44-6004

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?