本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 郷土史と文化財>
  4. 文化財>
  5. 親鸞御手植の菩提樹 (天然記念物・市指定文化財)

教育・文化・スポーツ

親鸞御手植の菩提樹 (天然記念物・市指定文化財)

親鸞御手植の菩提樹 (天然記念物・市指定文化財)下妻駅に近い繁華街の中、下妻二高に隣接する一画に閑静な空間を保っているのが、柊の道場といわれる光明寺です。この寺は親鸞聖人の常陸での最初の逗留地「小島の草庵」と深いかかわりを持ち、開基明空(みようくう)房は、六老僧の一人で、寺宝「門侶交名牒」のはじめに、”明光・明空・了海・源海・了源・源誓”とあり「已上門弟六老僧」と記されています。
境内の長塚節の歌碑境内には親鸞聖人御手植の菩提樹が茂り、樹下には、郷土の生んだアララギ流の歌人、長塚節の歌碑が立っています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

千代川庁舎 2階 〒304-8555 下妻市鬼怒230

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-44-6004

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?