本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

障害児福祉手当

【対象者】

精神又は身体に重度の障害を有するために、日常生活において常時介護を要する20歳未満の在宅障害児に手当を支給します。

【手当の対象となる障害の程度】

市内に住所があり、次のいずれかに該当する在宅者(入院も含む)。
  1. 両目の視力の和が0.02以下のもの
  2. 両耳の聴力が補聴器を用いても音声を識別することができない程度のもの
  3. 両上肢の機能に著しい障害を有するもの
  4. 両上肢の全ての指を欠くもの
  5. 両下肢の用を全く廃したもの
  6. 両大腿を2分1以上失ったもの
  7. 体幹の機能に座ることができない程度の障害を有するもの
  8. 前各号に揚げるもののほか,身体機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって,日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
  9. 精神の障害であって,前各号と同程度以上と認められる程度のもの(知的障害はおおむねIQ20以下)
  10. 身体機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって,その状態が前各号と同程度以上と認められるもの

【支給制限】

次に該当する人には支給されません(支給中の人も資格喪失・支給停止となります)。

(1)受給資格者、配偶者、扶養義務者の前年の所得が一定金額以上ある人
(2)施設に入所している人
(3)障害を支給事由とする公的年金給付を受けている人

【所得制限】

(単位:円、平成14年8月以降適用)

扶養親族等の数 本人 配偶者及び扶養義務者
収入額 所得額 収入額 所得額
0
1
2
3
4
5
5,180,000
5,656,000
6,132,000
6,604,000
7,027,000
7,449,000
3,604,000
3,984,000
4,364,000
4,744,000
5,124,000
5,504,000
8,319,000
8,596,000
8,832,000
9,069,000
9,306,000
9,542,000
6,287,000
6,536,000
6,749,000
6,962,000
7,175,000
7,388,000

【手当月額】

14,650円(平成30年4月改正)

※手当の額は認定請求をした日の属する翌月分より支給されます。
※支給月は,2月(11~1月分)・5月(2~4月分)・8月(5~7月分)・11月(8~10月分)です。
また、請求者(本人)や配偶者および扶養義務者の方の前年の所得(課税台帳による)が所得制限限度額以上の方はその年度(8月から翌年7月まで)手当の支給が停止されます。

【申請に必要なもの】

・認定請求書
・所得状況届
・診断書
・世帯全員分の住民票の写し
・障害者手帳
・印鑑(認印)
・本人名義の貯金通帳
・個人番号が確認できる書類(個人番号カードなど)
・身元確認ができるもの(運転免許証・パスポートなど)
※認定請求書、所得状況届、診断書は、福祉課に指定の用紙があります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉課です。

第2庁舎 1階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-43-4214

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?