本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

市政情報

平成27年10月にマイナンバーが通知されます

 平成27年10月からマイナンバー(個人番号)が付与され、マイナンバーを記載した「通知カード」が送付されます。

 お手元に届いた通知カードは、マイナンバーを利用する際や住民登録の変更手続きの際に必要になるので大切に保管してください。希望される方は「通知カード」と引き換えに「個人番号カード」を取得できます。

1.マイナンバー大事な4つのポイント

 スケジュール

ポイント1 住民票確認

 原則として、通知カードは住民票の世帯ごとにお届けします。確実に受け取るため10月までに現在住んでいるところに住民登録をしてください。

ポイント2 通知カードの受取

 通知カードは10月から順次、住民票を有するすべての方に簡易書留で届きます。お手元に届くマイナンバー書類は大切に保管してください。

 同封されるもの

ポイント3 個人番号カード申請(希望制)

 個人番号カードは平成27年10月から順次、通知カードが届き次第申請できます。

 申請方法

※申請方法①の郵送先は下妻市役所ではありません。通知カードに同封される返信用封筒の宛先になります。

※その他の方法も準備予定です。詳しくはお手元に届くマイナンバーの説明書類を確認してください。

ポイント4 個人番号カード受取

 平成28年1月以降に、個人番号カード交付通知書が送付されます。通知書の案内に沿ってカードを下妻市役所でお受取ください。

2.通知カードと個人番号カードの違い

 通知カードと個人番号カードは取得方法や利用方法等が異なります。

通知カード・個人番号カードの違い

※1…署名用電子証明書とは

 確定申告(e-Tax)等の電子申請手続きに利用します。

※2、3…利用者証明書用電子証明書とは

 マイナポータルの閲覧等に利用します。マイナポータルでは行政機関がマイナンバーの付いた自分の情報をいつ、どことやりとりしたのか確認できるほか、行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコン等から確認できるものになる予定です(平成29年1月以降に開始予定)

 

3.個人番号カードと住民基本台帳カードとの関係

 個人番号カード交付開始に伴い住民基本台帳カード(以下、住基カード)の発行は平成27年12月28日をもって終了となります。

 住基カードは有効期限までは引き続き利用可能です。但し、住基カードと個人番号カードは重複して所持することはできませんので、個人番号カードを取得した時点で住基カードは廃止・回収となります。

 個人番号カード・住基カード関係

電子証明書を利用されている方はご注意ください

 平成27年12月23日以降、住基カードに電子証明書の発行・更新・失効を行うことができなくなります。(有効期限までは引き続き利用可能です)今後も利用される方は、次のいずれかの手続きを行ってください。

(1)事前に電子証明書の新規発行・更新手続きを行い、住基カードで電子証明書を利用する。

 平成27年12月23日以降に再度失効になった場合は、個人番号カードへ切り替える必要がある点にご注意ください。

(2)平成28年1月以降、個人番号カードを取得し、個人番号カードで電子証明書を利用する。

 ※制度開始直後は個人番号カードの申請が集中するため、カードをお渡しするまでにお時間がかかることが予想されます。不安な方は(1)の手続きにより事前に更新手続きを行ってください。

もっと詳しく知りたい方は

内閣官房のホームページは『マイナンバー』で検索 

マイナンバーのコールセンター 0570-20-0178(全国共通ナビダイヤル)※ナビダイヤルは通話料がかかります。

平日9:30~17:30(土日祝・年末年始を除く)

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、050-3816-9405におかけください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課です。

本庁舎 1階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-43-4214

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?