1. ホーム>
  2. 道の駅しもつま>
  3. 周辺観光スポット>
  4. タバンカ祭「大宝八幡宮」

周辺観光スポット

タバンカ祭「大宝八幡宮」

全国でもここでしか見ることのできない火の粉を浴びて災いを退ける奇祭「タバンカ祭」。その起源は、応安3年(西暦1370年)に大宝寺別当坊の賢了院が出火した際に、「畳」と「鍋ぶた」を使い火を消したという故事を戯曲化したものといわれています。

関東最古の八幡宮として有名な「大宝八幡宮」。

ここで毎年9月12日と14日に行われるこのタバンカ祭は、別名「冬瓜まつり」とも呼ばれ、冬瓜を神前に献上します。神前に巴型に並べられた畳と、その中央の鍋ぶたに、御飯と冬瓜を盛った「カワラケ(平皿)」を乗せます。それを祭の所役である白装束の氏子青年が拝殿前へ放り投げます。このとき砕けたカワラケの破片を拾った人は病気をしないといわれ、参詣の人々が競って拾います。
この時に発するバタンバタンという音からタバンカの名が起こったと伝わります。次に、大松明の御神火をいただいた松明を両手に持った所役が、松明を振り回しながら境内を駆け回ります。火の粉を浴びると火の災いを免れるといわれており、参拝客などが歓声を響かせながら火の粉を浴びます。

松明をもった氏子青年松明をもち走る氏子青年

大宝八幡宮
住所:茨城県下妻市大宝667
電話:0296-44-3756

紹介映像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは道の駅しもつまです。

〒304-0016 茨城県下妻市数須140番地

電話番号:0296-30-5294

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?