移住・定住支援

しもつまびと (4) 早川さん

下妻生まれの下妻育ち 快適な都内通勤で都会と田舎を満喫

都内勤務 早川さんご家族

プロフィール

早川さんファミリー:夫婦、長女(18 歳)、長男(13 歳)、両親の6人家族

インタビュー

下妻市で生まれ育ち、現在も市内で暮らす会社員の早川正さん。小中高校と野球に打ち込み、現在は市内の社会人野球チームで選手兼監督として活躍する傍ら、審判としても地域貢献をしようと軟式野球連盟に所属。野球以外には、砂沼湖畔をランニングしたりジムで汗を流すなど、趣味のスポーツを市内で満喫する。

「兼業農家の長男に生まれ、地域に育てられてきました。大学時代は地元を離れましたが、下妻市以外で暮らすことは考えられずUターン。高校生の長女と中学生の長男も市内の学校に通い、同じように地元で元気に育っています」。気心が知れた顔なじみに囲まれた穏やかな生活。早川さんが住む地区にも近年は新しい住民が増えてきたが「皆さん、地域の活動に積極的ですぐに顔なじみになってしまいます。下妻市はスポーツ少年団の活動が盛んで、子どもの少年団の活動を通じて保護者の交流も広がります。小さな子どもを持つ家族は地域デビューの垣根がとても低い。そんなところもこの街の魅力ですね」

そんな早川さんは平成12年から都内に勤務。当初はJR常磐線の駅まで1時間近くかけて車で移動後に電車通勤をしていたが、現在は関東鉄道常総線とつくばエクスプレス(TX)を乗り継いで通勤している。

「平成17年にTXが開通して通勤が飛躍的に楽になりました。下妻駅には常総線利用者のための無料駐車場もあり、車内では必ず座れるので快適です。約1時間半で上野の職場に着くので都内でも十分通勤圏ですよ」

皇居でのランニングサークルの事務局も勤めており、都内でもスポーツを楽しむ。「仕事を含めて平日は都会で過ごしているので、なおさら下妻市のほどよく田舎な環境がうれしいのかもしれません。身近に温泉があり、地ビールも美味しく、気の置けない友人たちとの付き合いに気が休まるアットホームな環境。次世代にも引き継いでいきたいです」。

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?