本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 水道・下水道>
  4. 下水道>
  5. 汚水処理施設整備中期計画(平成37年度時点)について

くらし・手続き

汚水処理施設整備中期計画(平成37年度時点)について

下妻市生活排水処理基本計画改定における汚水処理施設整備中期計画(平成37年度時点)について

1 下妻市生活排水処理基本計画改定の概要等について

 わが国の汚水処理施設整備は、まず市町村が、国土交通省所管の下水道事業施設、農林水産省所管の農(漁)業集落排水事業施設、環境省所管の合併処理浄化槽の設置等それぞれの汚水処理施設の有する特性及び経済性等を総合的に勘案し、地域の実情に応じた効率的かつ適正な整備手法を選定しています。次に、都道府県が主体となり、市町村と連携して”都道府県構想”を策定し、それに基づき事業を適切に実施しています。

 茨城県では、各汚水処理施設の整備を一体的に推進するための構想となる「茨城県生活排水ベストプラン」を平成28年度に3回目の改定を実施し、汚水処理施設の整備を進めています。

 「茨城県生活排水ベストプラン」の改定に合わせて、本市におきましても平成28年度に生活排水処理基本計画を改定し、下水道施設及び合併処理浄化槽設置にて連携して汚水処理を進めることとしています。改定後の生活排水処理基本計画では、今から約10年後である平成37年度時点における各汚水処理施設整備についての中期計画を立てています。

 ■茨城県生活排水ベストプランへリンク

2 本市における各汚水処理施設整備の中期計画(平成37年度時点)等について
1 下水道施設の整備方針について

 施設整備費の削減を図りながら、下水道事業予定処理区域を優先整備し、整備区域を広げていきます。

2 下水道施設の全体計画区域の見直しについて

 本市においては、ほぼ全ての宅地等について下水道事業計画区域としていますが、今回の改定による計画区域の大幅な見直しはございません。

3 各汚水処理施設の整備人口計画等について(下表及び図をご参照ください。)
区 分 行政人口 汚水処理人口
(※1)
汚水処理人口
普及率
(※2)
下水道 合併処理浄化槽
(個人設置型)
整備人口 普及率 整備人口 普及率
基準年
(平成25年度時点)
45,170人 27,108人 60.0% 12,523人 27.7% 14,585人 32.3%
中期計画
(平成37年度時点)
39,330人 31,626人 80.4% 14,569人 37.0% 17,057人 43.4%
増 減 ▼5,840人 4,518人 20.4% 2,046人 9.3% 2,472人 11.1%
※1 汚水処理人口とは、下水道施設を利用できる人口に合併処理浄化槽を利用している人口を加えた人口です。
※2 汚水処理人口普及率とは、下水道、合併処理浄化槽の整備が完了し、生活排水を適切に処理できるようになった人口(汚水処理人口)の行政区域内総人口(行政人口)に占める割合です。
〔H28〕下妻市生活排水処理基本計画改定における汚水処理施設整備中期計画(平成37年度時点)図

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上下水道課(下水道事業)です。

砂沼浄水場 〒304-0056 下妻市長塚乙89-1

電話番号:0296-44-5311 ファックス番号:0296-44-5312

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?