本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

健康・福祉・子育て

インフルエンザ

わが国最大の感染症であるインフルエンザ。毎年初冬から春先に流行のピークがあります。

この症状はカゼ?インフルエンザ?

感染症予防に関すること一般的なカゼ症状の多くは鼻水、くしゃみ、咳、微熱といったものが中心でゆっくりと進行します。
これに対しインフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が強く、あわせてカゼの症状も現れます。
インフルエンザは子供がかかると脳炎・脳症を、大人がかかると肺炎などの合併症を起こすことがあり、重症化すると死に至ることもあります。そのためかからないようにすることが大切です。

インフルエンザ感染予防対策

その1 家に帰ったら、うがい・手洗いをしましょう。

 手指やのどについたウイルスや雑菌を除去します。

その2 マスクを着用しましょう。

 のどに湿気を保ち、またウイルスの進入を防ぐ事ができます。そして咳やくしゃみによるウイルスの飛散を予防します。

その3 予防接種をうける。

 予防接種は重症化を防ぐ確実性の高い予防方法です。効果が出るまでに2週間程度かかると言われているので12月中旬までに接種するとよいでしょう。
 日本で使われているインフルエンザワクチンは効果が長く持続しないこと(接種後2週間~5か月間)、流行が予想されるインフルエンザウイルスのタイプが少しずつ変化するため、毎年流行前に接種をすることをお勧めします。

接種年齢 接種回数 接種間隔
6か月以上~13歳未満 2回 2~4週(4週が望ましい)
13歳以上~ 1回または2回 1~4週(4週が望ましい)
※接種した方すべてが感染しないわけではありませんが、もし感染しても軽い症状で済みます。


インフルエンザ予防接種費用の公費助成について

下妻市では10月1日よりインフルエンザ予防接種費用の一部公費助成を行っています。
詳しくは関連ファイルをご覧ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

〒304-0064 下妻市本城町3-36-1

電話番号:0296-43-1990 ファックス番号:0296-44-9744

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?