○下妻市ひとりぐらし老人「愛の定期便」事業実施要項

平成17年12月28日

告示第132号

(目的)

第1条 この事業は、ひとりぐらし老人を訪問して乳製品等を配布し、安否の確認、健康の保持及び孤独感の解消を図り、もってひとりぐらし老人の福祉の増進に資することを目的とする。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は、65歳以上のひとりぐらし老人とする。

(訪問員)

第3条 訪問員は、この事業を理解し、協力を得られる者で、乳製品等を配達する区域内の業者とする。

(配布品及び配布方法)

第4条 この事業の配布品は、あらかじめ市長が定めた乳製品等とし、隔日ごとに1人1本とする。

(安否の確認及び報告)

第5条 対象者の安否の確認は、訪問員が乳製品等を配布するときにこれを行うものとし、対象者の状況について、毎月1回以上、市長に報告するものとする。

2 訪問員は、対象者に異常が認められたときは、早急に市長又は民生委員等の関係機関に連絡するものとする。

(備付書類)

第6条 市長は、対象者名簿、訪問員名簿、連絡簿その他必要な帳簿等を備え付けなければならない。

(関係機関との連携等)

第7条 市長は、この事業の円滑な運営と推進を図るため、関係機関等と十分に連絡調整をするものとする。

付 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年1月1日から施行する。

(千代川村の編入に伴う経過措置)

2 この告示は、平成17年度に限り、旧千代川村にのみ適用するものとする。

画像

画像

下妻市ひとりぐらし老人「愛の定期便」事業実施要項

平成17年12月28日 告示第132号

(平成18年1月1日施行)