○下妻市協働のまちづくり市民スタッフ設置要綱

平成28年8月19日

告示第113号

(設置)

第1条 市民の市政への参画を促進し、協働によるまちづくりを推進するため、下妻市協働のまちづくり市民スタッフ(以下「市民スタッフ」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 市民スタッフは、次に掲げる事項について、市民の視点から調査、検討及び必要な取組を行い、その結果を市長に報告する。

(1) 協働によるまちづくりに関すること。

(2) 男女共同参画の推進に関すること。

(3) 地域の課題の解決に関すること。

(4) 市民活動の促進に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が意見を求める事項に関すること。

(構成)

第3条 市民スタッフは、20人以内をもって構成し、次に掲げる者のうちから市長が委嘱する。

(1) 市内に居住し、又は勤務する者で、公募により選出されたもの

(2) まちづくりに関し識見を有する者

(3) 前2号に掲げる者のほか、市長が必要と認める者

2 市長は、前項の規定により市民スタッフを委嘱するときは、その半数を女性とするよう努めるものとする。

(任期)

第4条 市民スタッフの任期は、委嘱の日の属する年度の翌年度の末日までとする。ただし、欠員が生じた場合における補欠の市民スタッフの任期は、前任者の残任期間とする。

2 市民スタッフは、再任されることができる。

3 前2項の規定にかかわらず、市長が特別の理由があると認めるときは、任期中でも委嘱を解くことができる。

(座長等)

第5条 市民スタッフに座長及び副座長を置く。

2 座長及び副座長は、市民スタッフの互選とする。

3 座長は、市民スタッフを代表し、会務を主宰する。

4 副座長は、座長を補佐し、座長に事故あるとき、又は座長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 市民スタッフの会議(以下「会議」という。)は、座長が招集し、座長が議長となる。

2 会議は、市民スタッフの半数以上の出席がなければ開くことができない。

3 座長は、必要があると認めるときは、会議に市民スタッフ以外の者の出席を求め、意見又は説明を聴くことができる。

(庶務)

第7条 市民スタッフの庶務は、市民協働主管課において処理する。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年8月19日から施行する。

(下妻市まちづくり女性スタッフ設置要項の廃止)

2 下妻市まちづくり女性スタッフ設置要項(平成8年下妻市告示第28号)は、廃止する。

(下妻市協働のまちづくり市民会議設置要綱の廃止)

3 下妻市協働のまちづくり市民会議設置要綱(平成25年下妻市告示第113号)は、廃止する。

下妻市協働のまちづくり市民スタッフ設置要綱

平成28年8月19日 告示第113号

(平成28年8月19日施行)