本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. トピックス

トピックス

下妻市コミュニティバス「シモンちゃんバス」実証運行スタート

2017年1月23日
下妻市コミュニティバス「シモンちゃんバス」実証運行スタート
下妻市コミュニティバス「シモンちゃんバス」が1月23日、午前6時45分、ビアスパークしもつま発の第1便をもって実証運行をスタートしました。
バスのコースは、天然温泉を備えた「ビアスパークしもつま」と、ポピーやヒマワリなどを咲かせる花畑やパークゴルフ場を有する「小貝川ふれあい公園」を結び、関東鉄道常総線「下妻駅」などの中心市街地を経由する約9キロメートルで、1日おおむね8往復します。23のバス停には、シモンちゃんをモチーフにした看板が立ち、時刻表やQRコードが表示されています。QRコードをスマートフォンで読み込むと、専用のウェブサイトにつながり、バスの走行位置を確認することができます。
料金は、大人200円、75歳以上・小学生・障害者100円、未就学児無料。下妻駅ロータリー脇の関鉄パープルバス下妻営業所およびシモンちゃんバス車内にて1,200円分の回数券(100円券×12枚)を1,000円にて販売しています。
通勤や通学、お買い物、観光など、沿線にお出かけ際にはぜひご利用ください。
【写真=下妻駅バス停に到着した第1便のシモンちゃんバス】