本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. トピックス

トピックス

第6次下妻市総合計画の基本構想について答申が出されました

2017年10月27日
第6次下妻市総合計画の基本構想について答申が出されました
 市の最上位計画である総合計画のうち、平成30年度から平成39年度の10年間を計画期間とする第6次下妻市総合計画の基本構想について、下妻市総合計画審議会(小林重隆会長)から10月24日、答申書が市長に提出されました。
 この答申は、平成28年12月から設置された同審議会において、稲葉市長からの諮問に対応して計4回にわたり慎重な審議を重ねてきた結果であり、答申書では市の基本構想(案)を承認するとともに、運用面での要望などが添えられています。
 市では、この答申を受け、文言などを調整した上で成案を作成し、12月議会に議案として提出。決定のための審議を受けることになります。
今後は、基本構想を踏まえながら、まちづくりの目標別に現状と課題、施策や事業の方向性を示した前期基本計画(平成30~34年度)について、同審議会で引き続き調査および審議が行われ、平成30年1月頃に答申される予定です。