ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

下妻市勢要覧2014

下妻市のお米茨城県はコシヒカリの生産量全国第2位を誇りますが、中でも下妻市は米どころとして有名です。下妻の気候は稲の成長にあい、おいしいお米ができます。「ミルキークイーン」「コシヒカリ」が代表的な銘柄です。いいとこ案内人最後は特産品をご案内!豊かな大地と水に恵まれた下妻はおいしさあふれる良質な食材の宝庫ずしい梨の供給が可能です。低温貯蔵技術の開発により、真冬もみずみお7い月し初い旬梨かをら楽し10月までと長くなり、長期間めるようになりました。の指定を受けています。今では収穫時期も成3(1991)年には銘柄産地として県ての広栽が培りはま、し昭た和。多30年代に本格的な産業とし様な品種が登場し、平また、江戸時代に始まったといわれる梨加工品の開発にも力を入れています。ソーセージなど、地元農産物で作る新しい誇れる品質の高さを誇り、梨ジャムやハム・良質・安全」を目指した農産物は、全国にい、産業を活性化させています。「新鮮・効率化や地域ブランドの開発を積極的に行増しています。そのため下妻では、経営の争など、農業をめぐる環境は年々厳しさをしかし、農産物の輸入拡大や産地間の競から、高い人気を誇っています。ので、新鮮なままの供給が可能であることて多品種が作られています。首都圏に近いレンソウ・チンゲンサイなど、季節を通し野菜は、ねぎ・はくさい・レタス・ホウとなりました。と梨農家の数は、県内で一、二を争うほどの米どころでもあります。また、養豚農家境を背景に昔から稲作が盛んで、県内有数な食材が生産されています。水の豊かな環の各分野がバランスよく発展し、さまざまえ続けてきました。米・野菜・果実・畜産下妻の農業は、基幹産業としてまちを支誇れる農畜産物がたくさんあります安心・高品質な特産品や加工品など千石きゅうり昭和62(1987)年に茨城県銘産品に指定されている千石きゅうりは、緑色が濃くツヤツヤした輝きがあります。食べると香りが高く、ほんのりとした甘味も感じられます。「千石」の名は、産地である旧千代川村と旧石下町の頭文字を取り、五穀豊穣、きゅうりの豊作を祈願して千石獲り、万石獲りの意味から命名されました。豚肉茨城県の県花「バラ」にちなんで名付けられた銘柄豚「ローズポーク」。両親が7世代にわたり選抜された系統豚であることが条件で、生産者は衛生管理や出荷実績など、厳しい条件をクリアしなければなりません。きめ細かく弾力があり、柔らかい肉質の特徴は、ローズポーク専用飼料を与えることで実現します。おいしさのみならず、安全・安心な豚肉です。下妻甘熟梨と梨のリキュール梨の生産は古く江戸時代から行われ、今では下妻自慢の特産品に。中心的な品種は、甘い幸水、ほのかな酸味の豊水、実が大きく柔らかい新高などの「赤梨」。中でも幸水を樹上で十分に熟させた、期間限定出荷の「下妻甘熟梨」は、逸品。2年間の試作を経て、幸水梨の繊細な香りを活かした「梨のリキュール」もおすすめ。SHIMOTSUMA CITY●12