ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

下妻市勢要覧2014

地域で支えあいやさしく暮らせる安全安心都市目標1安心して生活できるやさしさあふれる社会は、互いに助けあい支えあうことによって実現します。下妻市では、高齢の人や障がいをもった人も暮らしやすいまちとなるよう、身近な福祉が行き届いたまちづくりを進めていきます。安心を得るためには、災害に対する強さや、防犯対策も備えていることが求められます。そのため、都市の安全や危機管理を念頭に置いたまちづくりを行っていきます。市民の命がしっかりと守られ、誰もが安心して暮らせるまちを目指します。介護予防を目指すシルバーリハビリ体操てができる環境をつくっています。うしたサポートの充実により、安心して子育います。従来の保育園や学童保育に加え、こ員同士の相互援助活動をコーディネートして臨時的、補助的、突発的な預かりについて会た、ファミリーサポートセンター事業では、子の交流や子育て相談等を行っています。ま子「子育育てて支ひ援ろ拠ば点」事の業開を設実や施、し平、成子育24年には地域て中の親乳幼児期の児童と保護者が集える場として、推進しています。対成策行22年動に計策画定(さ後れ期た計「画下)」妻を市も次と世に代、育施成策支を援要性が高まっています。そこで本市では、平進行により、子育て家庭に対する支援策の重共働きの家庭の増加や少子化・核家族化の子育て支援の充実り組みをしていきます。なるべく介護に頼らず暮らすための取う毎な月ど、1~高齢者がいつまでも元気で、多角的なバックアップ体制を整えています。2回、各地区の公民館等で行療情報を正確に伝えられるようにするなど、す。そして、シルバーリハビリ体操をト」を配布し、本人に意識がない場合でも医で安心して暮らす高齢者を増やしま急事態に陥った時のために「救急医療情報キッを利用しながら、住み慣れた地域の中ひとり暮らしの高齢者が、病気やけがで緊介護保険サービスや生活支援サービス感の解消を図ります。介護環境を整備します。それによっての定期便」では、安否確認や健康維持、孤独高齢者が地域で暮らし続けるためのの高齢者宅に乳製品を1日おきに宅配する「愛体的な参加が増えます。助を行い、自立を支援します。ひとり暮らし決への意識が高まり、地域活動への主は、デイサービスや訪問事業で日常生活の援そうすることで市民自らの福祉課題解要援護高齢者及び、ひとり暮らし高齢者等にで福祉サービスのあり方を考えます。よう、介護予防事業を充実させます。在宅ののネットワークを充実させ、地域全体います。住み慣れた地域で元気に生活できる地域活動への参加を促進します。地域通じて生きがいをもち、活き活きと暮らしてため、市民の福祉に対する理解を広め、多くの高齢者が、主体的な社会参加などを複雑・多様化する福祉需要に応える介護予防の強化見ひ守とりり・暮支ら援し策のの高充齢実者の子育て支援拠点「あうるくらぶ」救急医療情報キットを説明する市職員SHIMOTSUMA CITY●28