ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

下妻市勢要覧2014

豊かな自然に囲まれた生活環境都市目標2水と緑に恵まれた下妻の自然環境を大切にしながら、計画的なまちづくりを進めることが求められています。東京などの大都市への便利な交通条件を整えることで、目的地まで短時間で快適な移動を実現します。また、地域の自然や風土特性、個性豊かな歴史と文化を活かすことで、市民が愛着をもてる、個性あるまちなみを広げます。そして、誰もがいつまでも住んでいたい、住んでよかったと思えるまちにすることを目指します。の整備促進を県に強く要望し、早期完成め、一般県道山王下妻線の事業推進区間市内工業団地とのアクセスを向上するたます。県道においては、国道294号と国・県に強く要望し、早期完成を目指し125号下妻・八千代バイパスの整備を道294号の全線4車線化および国道保し、渋滞の慢性化を解消するため、国せません。周辺市町との円滑な連絡を確できるためには、幹線道路の整備が欠か市民が目的地まで短い時間で快適に移動路の整備や公共交通の充実に努めます。常生活や産業活動を活性化するため、道市民の便利で快適な移動を確保し、日交通環境の形成の推進活環境の向上を目指し、下水道などの都都市計画事業では、都市機能の充実や生計画的な土地利用を推進します。また、地を維持するため、用途地域に基づき、土地の用途の混在を防ぎ、良好な市街ちづくりを推進します。し、地域の自然や風土特性を活かしたま手法やまちづくりの方策を総合的に適用います。この計画を基本に、都市計画の都市施設の整備方針などが盛り込まれて土地利用の方針、交通体系整備の方針、ンには、都市づくりの理念、都市構造、タープラン」を策定しました。このプラた見直しを行い、「下妻市都市計画マス画マス平成ター20年プ度ラにン、」旧と千の代統川合村をの基「本都と市し計魅地力域あのる特ま性ちをづ活くかりした進を図ります。増加のためのPRを進めるなど、利用促線自治体と連携を図りながら、利用者のる際の整備支援を行います。同時に、沿木製からコンクリート製のものに交換す鉄道常総線の安全な輸送のため、枕木をの向上のために重要です。そこで、関東公共交通の充実は、市民生活の利便性改良と長寿命化をしていきます。備や舗装の改良を行い、狭隘な橋は拡幅全で円滑な道づくりを目指し、側溝の整に利用できるよう、人優先の立場から安生活道路では、歩行者や自転車も快適備し、アクセスの向上を図ります。称)」など、市内各地を結ぶ幹線道路を整を目指します。さらに、「南部環状線(仮自然景観の保全・充実に取り組みます。ような、市民が誇りに感じている豊かなリングロードの菜の花などに代表される砂沼広域公園の桜や菖蒲、小貝川サイクゾーンや鬼怒フラワーラインのポピー、を推進し、小貝川ふれあい公園フラワーいきます。さらに、「花のまちしもつま」活かした公園緑地の整備と管理を行ってが充実しています。これからも、自然をされ、魅力的な水辺空間や緑また、市内には都市公園が豊か12カな所公開園設組んでいます。を解決し、市街地の再生・活性化に取り位置し人口が集中する当該地区の問題点整備計画事業では、下妻市のほぼ中央に一例として、砂沼周辺地区の都市再生などの整備を推進します。市施設や都市計画道路「南原・平川戸線」4車線化された国道294号と沿道に進出する大型ショッピングセンター春には約1000本の桜が開花する砂沼広域公園SHIMOTSUMA CITY●30