本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. くらし・手続きのお知らせ

くらし・手続き

くらし・手続きのお知らせ

注意、あなたの土地が狙われています !産業廃棄物、残土の不法投棄(2019年12月10日掲載)

・「一時的に資材置場として貸してほしい」
・「良い土で土地を埋め立ててあげます」
などと“うまい話”を持ちかけられ、安易に同意してしまった結果、廃棄物を不法投棄されたり、無許可で質の悪い建設残土などを埋め立てられたりする事例が発生しています。
これらの責任や処理費用の負担は、行為者だけでなく、土地所有者に及ぶこともあります。
このようなトラブルに巻き込まれないよう、自分の土地は自分で守りましょう。
◇事例
・資材置場に使うと言われて土地を貸したら、大量の廃棄物が搬入された。
・埋立てに同意したら、聞いていた以上の残土の山にされた。
・遊休地に、いつの間にか不法投棄されていた。
※悪質な事業者は、金銭や甘い言葉(うまい話)で土地利用の同意を得ようとします。そして、同意を得るとすかさず、法令等や手続きを無視して短期間で廃棄物や粗悪な残土を大量に持ち込んだり、周囲の土地まで行為が拡大したりします。さらに、事業者が行方不明となってしまった場合には、土地所有者が撤去等の対応をしなければならないなど、莫大な被害を受けるケースがあります。
◇防止策
・“うまい話”があっても安易に土地を貸さない。
・自分だけで判断せず、周囲の人に相談する。
・必要な許可を受けているかなど、不審な点は県や市に相談する。
・相手方や事業の内容をきちんと確認し、不明な点は書面を提出させる。
・契約は、内容を理解・確認したうえで、必ず書面で契約書を交わす。
※人目につきにくい土地、手入れが行き届かない土地は定期的に見廻る。また、侵入防止柵や「不法投棄禁止警告掲示板」を設置したりするなど土地所有者(管理者)としてできる対策を講じる。
◇廃棄物の不法投棄、野焼き、不適正な残土による埋立てを発見した場合は、「不法投棄110番」まで通報をお願いします。
◎「不法投棄110番」TEL0120-536-380 受付時間:(平日)午前8時30分~午後5時15分
(問) 県廃棄物対策課TEL029-301-3033
県西県民センター環境・保安課TEL24-9127
市生活環境課TEL43-8234FAX44-7833
下妻警察署(休日や夜間)TEL43-0110

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課 公害対策係です。

本庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代)