本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色

くらし・手続き

猫について

猫は屋内で飼いましょう

猫は、屋内飼養に努めましょう。
事故防止、感染症の予防など猫の命を守る事につながります。
※猫の所有者は、疫病の予防及び不慮の事故の防止等猫の健康及び安全の保持並びにふん尿の放置の防止等周辺の生活環境の保全のため、その所有する猫の屋内での飼養に努めなければなりません。

また、繁殖を望まない場合は、不幸な猫を増やさないためにも不妊去勢手術をしましょう。

飼い主のいない猫を減らしましょう

飼い主不明の猫への無責任な「えさやり」は、餌付けをしている人が飼い主とみなされ、そのいたずらの責任はえさをやっている者が負わなければなりません。トラブルの原因になるだけでなく、その行為が不幸な猫を増やす原因にもなります。

近年、飼い主のいない猫に関しては、自然繁殖、鳴き声や糞尿などによる生活環境への影響が問題となっています。飼い主のいない猫を減らすために、茨城県では地域猫活動の普及を行っています。

地域猫
 近隣の方(自治会など)の理解を得て、不妊・去勢手術とトイレの設置、排泄物の回収等を地域で管理する猫のこと

地域猫活動を複数人において実施する場合は不妊去勢手術に対して助成制度があります。(茨城県)
https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/seiei/kankyo/seiei/satsushobunn0project.html

さくらねこTNR不妊手術事業について

さくらねこTNR不妊手術事業は、「飼い主のいない猫」に対し、TNR(Trap/捕獲し、Neuter/不妊去勢手術を行い、Return/元の場所に戻す、その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)を実施する事業で、その猫は耳の形からさくらねこと呼ばれています。
TNR活動は、繁殖を防止し、飼い主のいない猫に関わる苦情や殺処分の減少に寄与する活動です。

「公益財団法人 どうぶつ基金」にご支援をいただき、市民ボランティアの方の申請のもと、下記のとおりTNR活動を実施しました。

令和2年度実績
令和2年4月~6月 17匹

公益財団法人 どうぶつ基金とは
動物の適正な飼育法の指導・動物愛護思想の普及等を行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の建設に寄与することを目的とする団体です。

公益財団法人 どうぶつ基金のページ
https://www.doubutukikin.or.jp/




 

 






 

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

本庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファックス番号:0296-43-4214

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?