本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. 市政情報>
  3. 都市計画>
  4. 地方再生コンパクトシティモデル事業【H30年度~R2年度】

市政情報

地方再生コンパクトシティモデル事業【H30年度~R2年度】

地方再生コンパクトシティモデル事業


国土交通省と内閣府(地方創生推進事務局)が連携し、都市のコンパクト化と地域の稼ぐ力の向上に、ハード・ソフト両面から総合的に取り組む地方再生のモデル都市(地方再生コンパクトシティ)として、32都市を選定し、茨城県内で唯一下妻市が選定されました。各種支援メニューにより、モデル都市の取組を集中的に支援し、目に見える形での都市の再生を目指します。下妻市は「ストック効果の促進及びスポーツ環境デザインとプレイスメイキングによるにぎわいのまちづくり」をテーマとし、スポーツを手段とした持続可能な街づくりに取り組みます。

スポーツ環境デザイン1
スポーツ環境デザイン2

 

プレイスメイキングと下妻市


~人の居場所の場づくり - プレイスメイキング~
「環境デザイン」において「プレイスメイキング」”Placemaking”は重要な概念の1つである。「プレイスメイキング」とは、一人一人が居心地の良い居場所づくり,その手法を意味する。この概念はアメリカ発であるが、現在では人中心の都市計画において効果的な概念の1つとして世界的に波及・実践されている。「環境デザイン」分野の役割とも重なる部分が多く、日本でも渡などによって全国に先駆けて下妻市で2009年頃から社会実験を始めており、その後2014年から国土交通省の呼びかけにより、全国的に普及しつつある。
下妻市では、この概念が、すでに「Waiwaiドームしもつま」や「さん歩の駅サン・SUNさぬま」に2017年から導入されており、まちづくり市民団体「しもつま3高」においては、筑波大学渡研究室の側面的な支援によって「プレイスメイキング」は活動理念にもなっており、2016年から主体的に試行と実装が行われてきている。
~筑波大学渡和由准教授記述~

スポーツによる地方創生官民連携プラットフォーム

当市を含む県西県南地区の9市により構成され、本エリア全域におけるスポーツ交流人口・関係人口の増大と社会経済価値へ意図的に変換する仕組みを構築し、本エリア全体の計画的一体型の活性化を図ることを目的としています。

オンラインキャッチボール

筑波大学スポーツ環境デザインR&Dプロジェクト×ファイターズベースボールアカデミーによる、子供たちの健康増進と体力向上に関する情報が盛りだくさんの動画配信です。

皆さんのお子さんは毎日どのくらい体を動かしていますか?
◆毎日、家でも公園でもゲームばかり… 全然身体を動かさない…
◆野球やサッカースクールに通っているからうちの子は大丈夫!!
 実は両者とも…運動器障害「ロコモティブシンドローム」につながる可能性があります!
「ロコモティブシンドローム」とは何か?から、子どもたちの健康増進と体力向上に関する
情報が盛りだくさんの動画(3分~5分程度)を全8回に分けてYouTubeで配信します。

◇オンラインキャッチボール総括ページ
 https://waisports.com/online-catchball/

◇オリエンテーション 「子どもの体力運動能力の低下」約5分
 https://www.youtube.com/watch?v=VWxmLqOtv4U

◇第1回目 オンラインキャッチボール 約6分
 https://www.youtube.com/watch?v=B9UGY3groEc&feature=emb_logo





問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市整備課 都市計画係です。

第2庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代)

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?