1. ホーム
  2. くらし・手続き
  3. くらし・手続きのお知らせ
  4. 市へ提出する申請書等における押印の見直しについて

くらし・手続き

市へ提出する申請書等における押印の見直しについて

令和3年4月から押印不要、行政手続が簡素化されます

~市への申請等で一部押印が不要となります~

  このたび、市では、国、県が進める行政手続における押印廃止の取組に合わせて、市へ提出する申請書等への押印の必要性について、検討を行いました。

 その結果、市民や事業者の方が提出する申請書等で、市の規則等で定めている1,163の申請書等のうち、864の申請書等において、規則等を改正し、令和3年4月から押印を不要としました。

 今後も行政手続の簡素化および事務の効率化を図るため、この取組を推進し、押印廃止に伴う法令の改正にも対応しながら、順次押印を廃止していきます。

 今回、押印が不要となる主な手続は、次のとおりです(法令の改正によるものを含む。)。

・住民票の写しの交付請求

・戸籍謄抄本の交付請求

・保育所の入所申込み

・高齢者福祉タクシー助成券の交付申請など

・印鑑登録証明書の交付申請

・児童手当の現況届

・介護保険関係申請

 

 なお、契約書や請求書および登録印(実印)を求める申請、法令に定めのある手続など一部の手続においては、引き続き押印が必要となりますのでご注意ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 文書法制係です。

本庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

下妻市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る