1. ホーム
  2. 観光・ビジネス・産業
  3. 観光・産業・ビジネスのお知らせ
  4. 下妻市ふるさと納税クラウドファンディング第3弾を実施します!プロジェクト『ホストタウンとなって子どもたちに国際交流を!後発開発途上国と共に作る明るいまちづくり』

観光・ビジネス・産業

下妻市ふるさと納税クラウドファンディング第3弾を実施します!プロジェクト『ホストタウンとなって子どもたちに国際交流を!後発開発途上国と共に作る明るいまちづくり』

プロジェクト

ホストタウンとなって子どもたちに国際交流を!後発開発途上国と共に作る明るいまちづくり

ブルンジ画像01

【目標金額】5,000,000円

【受付期間】2021年6月25日(金) ~ 2021年9月22日(水)

【寄附の使い道】
・下妻市民と交流するためのブルンジ選手団の受け入れ費用の一部
・市内公共施設等におけるサインの多言語化の推進

 

◆お申し込みはこちらから【6月25日(金)午前10時から公開、受付開始】

https://www.furusato-tax.jp/gcf/1280
(※公開開始時刻まではアクセスしてもプロジェクトページは表示されません。)

【注意】返礼品は本市以外にお住まいの方のみへのお届けとなります。本市にお住まいの方は、寄附をしても返礼品をお受け取りいただけませんので、あらかじめご了承ください。 

◆ふるさとチョイス_ガバメントクラウドファンディングトップページ

https://www.furusato-tax.jp/gcf/?header

  下妻市では、ふるさと納税の仕組みを活用して、寄附金の使途に応じて事業を立ち上げ寄附を募る『ふるさと納税クラウドファンディング』を6月25日(金)からふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」のガバメントクラウドファンディングを活用して開始します。

 第3弾となる今回は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により交流の分断が余儀なくされ、ソーシャルディスタンスという言葉が浸透し、人との距離をとることを注意喚起されていくなかであっても、人同士の交流の大切さを忘れてはいけない、交流がもたらす様々なメリットを考えるきっかけをつくり、交流を通じて国際理解を深め、世界で活躍できる人材育成と多文化共生の環境整備を目指し、実施します。

 

【ブルンジ共和国】

(面積)27,834㎢(北関東の約1.5倍)
(人口)11,890,784人(2020年集計)
(歴史)
・度重なる民族間・政治的な争いがあり、1993年~2006年の10年以上にわたる紛争では30万人以上の人々が亡くなる。
・2015年には国軍によるクーデター未遂に関連した暴動で、約1,200人が亡くなり、約40万人が難民となった。
・後発開発途上国のひとつ

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画課 企画調整係です。

本庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代) ファクス番号:0296-43-4214

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る