本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. 健康・福祉・子育て>
  3. 健康・福祉・子育てのお知らせ

健康・福祉・子育て

健康・福祉・子育てのお知らせ

県内全域にインフルエンザ警報発令中!(2018年1月26日掲載)緊急!

 インフルエンザが大流行しています。患者数は1999年以降で最多。

複数の型のウイルスが同時に流行ししています。現在は子供を中心に流行していますが、今後、大人にも高齢者にも広がる恐れがあり、注意が必要です。
今知っておきたいインフルエンザ対策のポイントをまとめてみました。

インフルエンザ予防対策について

 インフルエンザは、咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込んだり、ウイルスがついている手で口や鼻に触れることで感染します。インフルエンザの予防にはみんなの「かからない」「うつさない」という対策がとても大切です。

対策1:咳エチケット

 咳やくしゃみをする時は、ハンカチやティッシュで口と鼻をおおい、他の人から顔をそむけましょう。咳やくしゃみがでるときは、マスクをしましょう。

茨城版(みんなで予防!インフルエンザ)(JPG:2,085KB)
いばらきの感染情報「咳エチケットしていますか?」ポスターA4PDF

対策2:手洗い・うがい

 感染症予防の基本は手洗い・うがいです。外出後やくしゃみ、鼻をかんだ時は、手洗い・うがいをする習慣をつけましょう。

いばらきの感染情報「できていますか?正し手洗い」ポスターA4PDF

対策3:人込みを避ける

 可能な限り、人ごみは避けましょう。
 体調が悪い時は、外出しないで家で休みましょう。

対策4:適度な湿度を保つ

 空気が乾燥すると、ウィルスが増殖しやすくなります。加湿器などを使って、十分な湿度(50%~60%)に保ちましょう。

対策5:十分な休養と栄養

 身体の抵抗力を高めるため、十分な休養をとり、日頃から栄養の補給に心がけましょう
 睡眠を十分にとり、ビタミンやたんぱく質をとるように心がけましょう。

対策6:インフルエンザにかかってしまったら

 所定の期間、無理して学校や職場に行ってはいけません感染が広がらない(他人にうつさない)ように自宅療養しましょう。


*茨城県インフルエンザ流行情報
http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/eiken/idwr/index.html
 

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健センターです。

〒304-0064 下妻市本城町3-36-1

電話番号:0296-43-1990 ファックス番号:0296-44-9744