本文へ移動する
文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
色合い変更
標準色
  1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. くらし・手続きのお知らせ

くらし・手続き

くらし・手続きのお知らせ

スズメバチにご注意ください!(2020年7月30日掲載)重要!

スズメバチの刺傷事故を防ぐために

スズメバチは、むやみに人を襲うわけではなく、害虫を含む多くの虫を捕食することで生態系の安定に役立っています。スズメバチを正しく理解し、安全な森林散歩に役立てましょう。

◇危ない時期 夏から秋にかけて働きバチが多くなり、攻撃性が高くなります。

◇スズメバチにおそわれたら 巣を踏んだりゆらすと、たくさんの働きバチが襲ってきます。追いかけてくる距離は80mくらいなので、できるだけ遠くに逃げます。

◇スズメバチに刺されたら 
 ・傷口を冷水で洗い、毒液を絞り出す
 ・抗ヒスタミン軟膏を塗る 
 ・患部を冷やす ※アンモニアや尿を塗るのは効果がないばかりか有害です。

◇全身的な症状が現れたら 全身的な症状(吐き気、頭痛、腹痛など)が現れたら危険な状況です。血圧低下や意識を失うアナフィラキシーショックでは1時間以内に死亡する例があるので、兆候が見られた場合、躊躇せず医療機関へ行くか救急車を呼びましょう。

◇森林に出かける心がけ 
 ・白や黄色の服装、帽子を着用(黒は、真っ先に攻撃対象になる)
 ・匂いに気をつける(化粧品や清涼飲料水に警報フェロモンの成分が含まれる)
   ・ひとりで森林に入らない

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課 環境政策係です。

本庁舎 2階 〒304-8501 下妻市本城町二丁目22番地

電話番号:0296-43-2111(代)